井川慶 eスポーツに興味。

投機関連

お疲れ様です。飛龍奉考です。

今回は東スポ社の記事で、好きな人の記事が出ていたので取り上げたいと思います。
元阪神タイガース(あえて阪神です。)井川慶が第2の人生でeスポーツ参戦?!とのことでした。

一応プロを目指してトレーニングしているとのことなので、タイガースが獲得してやればいいのに思う次第です。そもそも功労者だし、アメリカに行ったとき巨額の移籍金入ったんだしねー。まあ、そんなに甘くないということでしょうか。

ただプロ野球の投手で培った経験をeスポーツで活かすなんて斬新(^_^)と思いながら記事を読み進めていくとサッカーですか・・・。さすが井川氏 自分のアドバンテージを活かさずサッカーで行くところが らしくていい。微笑ましい。eスポーツ2024年のパリ五輪から正式採用される可能性があるそうなので、オリンピックで井川を見てみたいと思います。

ここからは銘柄の話です(^_^)

さて、一部で盛り上がりを見せるeスポーツですが、まさにこれからの材料ではないかと思います。ここで今回は関連銘柄として2330フォーサイドに注目したいと思います。

2330 フォーサイド
243円(10/5)
発行株数 31,397,704
時価総額 7,630百万円
年高 397 年安 210

業績は、中間決算でー73百万円 進捗率-48.7% 去年の中間の進捗率は、46.8%だったので見事な逆噴射になっております。これだけ見ると ごみ株ですが、ここからがすごいフォーサイド。

①仮想通貨マイニングを気温の低いカナダで展開。

②サイバーセキュリティ「ジュピタープロジェクト」主宰するBOB株式会社と提携。

③eスポーツで3760ケイブと業務提携。

④アリペイジャパンと直接契約。

⑤芸能人やアニメの完全受託販売「宝祭堂」(ほうさいどう)の運営。

⑥キングカズ率いる?横浜FCのオフィシャルクラブパートナー

じつは材料は、まだまだあるんですが、とりあえずこの6つを紹介。

もう、言葉の意味はよくわからんが兎に角凄そうだぞ感が半端ない感じです。

特に②のBOB株式会社のトップページにある動画見てください。これだけで株価ぶっ飛びそうでしょ。さらに、NHKで放送された仮想通貨流失問題のドキュメンタリーでダニーヤン氏という これまたなんか凄そうな(本当にすごい人のようです。)人が子会社の最高技術責任者に就任している。その一方⑤宝祭堂でアニメ「境界線上のホライゾン」のパンツの予約販売を行う。③eスポーツ以外にも海外のヒットした(している)ゲームを日本に移植するなんてこともしている。⑥リアルスポーツにも手を伸ばしている。欲張りな企業ですね。
投機対象としては十分と思いますが、これも株価は低迷中。

チャート6か月ですが、たまに爆発的に上に行きますが、その後墜落していきます。(今まではです。あくまで。)

私が、この銘柄と向き合うコツですが、ズバリ「材料に向かって勢いよく上るが、出尽くしになる可能性が極めて高い銘柄。」と考えております。

問題は材料が数多あることなのですが、材料の質や内容は関係ありません。なぜなら会社から発表がされる前に「株価が先取る動きをする」からです。早い話が漏れとるんです。なので日々板をぼーっと眺めながら「大きい塊」が「大きい塊を」食うのをひたすら待つが良いと思います。10月5日現在の株価が250を割ってきてるので、そろそろかもしれませんねぇ( ゚Д゚)

第三四半期はマイニングの利益が乗ってくると予想されますが、これが激的なものであれば「先取りする動き」に期待したいと思います。

最後に、悪いところも一つ言っておきます。これだけの材料を抱えて赤字である(先行投資ですよね?)ということ。これだけの材料を抱えて従業員が単独で4人しかいないということ。(連結でも70人)少数精鋭にも程があると思うのは私だけでしょうか。

最後に魔法の言葉を・・・取引は自己責任でお願いいたします。


株で儲けてサッカー観戦♪ 業績が上がれば胸に、宝祭堂のロゴが入るかも?!

ではまた(^_^)/