キョン北上中。

飛龍のブログ

お疲れ様です。飛龍奉考です。

毎年のように、話題に上る某行川アイランドから逃げ出したキョンがついに東京に接近しているらしい。鴨川やら勝浦あたりから、最近では柏に目撃情報があるとのこと。
外来種ということで「迷惑」と記事のタイトルでもありますが、私も勝浦で何度か野性のキョンを目撃したことがありますが、感想は「カワイイ」以外出てこなかったです(^_^)

いろいろな問題があるのは承知しておりますが、駆除以外の方法がないものか知恵を絞りたいところです。もちろん数の抑制は必要でしょうが、良い共生の道があればと思います。鴨川、勝浦あたりで地方創生でキョンを扱ってほしいと勝手に思ってしまいます。

話は変わりますが、逃げ出したキョンのお家であった行川アイランドですが、はいさび氏が遊びに行ったことがあるらしく、話によると「フラミンゴ舞い、踊り、歌う」らしいです。今なら流行りそうですが、時代が少し早かったのかもしれませんね(゜レ゜)
私の記憶が確かならば共立メンテナンスが土地を取得して、温泉か何かを運営する予定だとか。
これはこの施設にキョン牧場を作っていただいて観光の目玉にしていただきたいと思います。
ちなみにキョンは千葉県だけでMAX8万頭で毎年増え続けているそうです。
共立メンテナンス様!急いだ方がいいかもしれませんよ( ゚Д゚)

ここからは銘柄の話です(^_^)

さて、今回のツナガル銘柄ですが、キョンまさに南房総から都心に向けて大脱走。ということで今回は3202ダイトウボウで行きたいと思います。上がっても下がってもダイトウボウ、ダイボウソウ、ダイトウソウなどと揶揄されておりますが、一時期コロナ関連で「マスク」「医療服」などで仕手化。日本初の毛織会社として発祥。静岡県のショッピングセンター「サントムーン柿田川」の賃貸が収入源とのこと。泣く子も黙るバーコード銘柄です。

3202 ダイトウボウ
100円(11/04)
発行株数 30,000,000
時価総額 3,000百万円
年高 143 年安 98

本日現在、税別のダイソー価格となっており、発行株数、時価総額ともに非常に計算しやすくなっております。しかも、年安付近でのバーコード状態。仕手が入りダイボウトウを今か今かと待っているところでしょうか?このくらいの価格帯はめっちゃ資金のある人と、とりあえずワンポチ(1万円)の人が共生しているものと思われます。
中間決算が11月8日(来週月曜日)に控えております。取引日で言うと明日金曜日と決算当日しかありません。気になる進捗率は1Qで-13.8%と潜伏している模様。会社予想では増益らしいですが、この中間は運命の分かれ道、最悪下方までありそうですが、99をあまりにも割らない展開が続いているので「何かある」かもしれません。他の低位株の吹き上がり状況もあるのかもしれませんが、信用取引も使えますので、とりあえず信用で買っておいて仕手待ち。期間中に上がれば利確。長引けば現引き。「損切さえしなければどうということはない」という力技がハマる予感です(゜レ゜)

ちなみに、今現在の行川アイランドは閉鎖されております。ぱっと見工事などはやっていないものと思われます。というか、ネット検索すると最初に廃墟、心霊現象なんて文字が飛び出してきます。
キョンのふるさと?行川アイランドが復活するとキョンも北上をやめ原点に戻るかもしれません。
キョンもダイトウボウも似たような動きなる可能性がありますので駆除されない程度の「北上」のち「原点回帰」これを忘れずに適度な位置で共生を心掛けたいと思います(゜レ゜)

最後に魔法の言葉を。取引は自己責任でお願いします。
ではまた(^_^)/