首都圏に大雪予報。日経も大雪警戒。

監視対象関連

お疲れ様です。飛龍奉考です。

明日から、3連休です。つかの間の休息と思ってましたら、予報では関東平野部でも積雪の予報。さらに3日目の月曜日も雪が降るとか。最近「観測史上最強の・・・」みたいなものが本当に多いですよね(゜レ゜)次から次へと「最強」の新しいボスが出てくる。まるでドラクエのようです。
私は雪国育ちでも何でもないので、雪が降るだけで大混乱する都会民の一人です。本日中に、スーパーでお買い物を済ませ、アマゾンプライムで映画でも見ようかと考えております。相場が無い1日は、長く感じますよね(^_^)
来週は、アメリカの政府機関閉鎖がどうなるか(私は再び閉鎖すると思います。)で変わるのでしょうが、その後も米朝首脳会談、ブレグジット新展開、米中貿易期限などなど目白押しです。日経平均も21,000円を超えれず、曇り模様。ここから大雪になる可能性のほうが高そうな予感。こちらも冬ごもりの準備&材料株勝負に徹しようと思います。

ここからは銘柄の話です(^_^)

さて今回のツナガル銘柄は大雪関連の銘柄。スタッドレスタイヤやチェーン関連などは、ありきたりですので捻ります。ここは6390加藤製作所で行ってみたいと思います。国内建設用クレーン最大手級。油圧ショベルは中堅の会社です。雪関連ではスノースウィーパ(除雪車)を扱っております。

6390 加藤製作所
2,682円(2/8)
発行株数 11,743,587
時価総額 31,496百万円
年高 3,720 年安 2,328

こちらが6カ月チャートです。

出来高が多い訳ではありませんが、小さな駒で少しずつ上昇。「麦わら帽子は冬に買え」「スタッドレスタイヤ銘柄は夏に買え」的な考えで行くと、この冬はもう仕方なく静観。夏前の5月の決算ごろから仕込み。で冬を前にして利確。こんな流れでしょうか?少なくとも去年はそうだったようです。
業績は好調。2Qで進捗率68.4%。増収増益。日系中堅証券はレーティング強気の目標5,000円。連休明け2月12日に3Qの決算発表を控えているのですが、市場コンセンサスは結構強気の数字。中国、東南アジアに事業強化中とのことで、まさに減速懸念のある地域ですので少し心配。3Q決算の動きをしっかりと見ておいて5月本決算が本番。日系中堅証券様がどういった操縦をするのか(しないのか)お手並み拝見です(^_^)

明日の首都圏の積雪は、少なくとも火曜日にはなくなっているでしょうが、日経平均の怪しい空模様は、もうしばらく続きそうです。春になって晴天となればいいのですが、そのころには「観測史上最高の花粉の量」とか「観測史上最高のPM2.5」とかも出てきそうですね。怪しい空模様を一変させる一撃を、トランプ大統領に期待したいですね(^_^)

最後に魔法の言葉を。取引は自己責任でお願いします。
ではまた(^_^)/