メイさん大変ですね(゜レ゜) ブレグジットの行方は?

投機関連

お疲れ様です。飛龍奉考です。

阪神タイガースの助っ人投手でも、姪っ子の話でもありません。英国のテリーザ・メアリー・メイ首相です。
ブレグジットどうなりますかね。せっかく知恵を絞って出した代替え案も離脱容認派と反対派のみんなに否決されて、やり直しの刑。そもそもメイ首相は、EU離脱の国民投票で残留を表明していたのに、何の因果か離脱案に頭を悩ませている。しかも、安倍さんやメルケルさん(ほかにもいっぱいいますが)にもEUとの合意なしの離脱はダメよと釘をさされ、更には、ここにきて共同通信の記事で、エリザベス女王ら王族をロンドンから秘密の場所に避難させる計画があるらしい。
さすがフーリガンの国。ひとたび暴動が起きると「エライこと」になるのでしょう。

ブレグジットの期限は3月末。今のところハードブレグジットを織り込むような動きは出ておりません。なので延期が既定路線なのでしょうが、延期した場合もただの先送りなので火種は残ったまま。
世界経済は、またしても「気持ちの悪い状態」継続となります。(こちらの方が厄介ですね(゜レ゜))
英国紳士淑女たちがジョンブル魂をみせて、力強く離脱。かなりの下落はあるにしても、悪材料出尽くしで、切り返していく方が未来的にはいい(^_^) 先送りにして、ロンドン名物?霧で見えなくなるのは一番怖いですから、メイ首相には大変ですが、ソフトブレグジットでなんとかしてほしいと思います。

ここからは銘柄の話です(^_^)

さて、今回のツナガル銘柄ですが、イギリスに会社があるところ結構いっぱいあるんですね(^_^) そんな中から今回は、7185ヒロセ通商で行きたいと思います。ご存知かと思いますが、外国為替証拠金取引(FX)の会社です。私には、100株で1万円相当の自社商品が貰える優待銘柄として注目しております。

7185 ヒロセ通商
2,055円(2/5)
発行株数 6,236,000
時価総額 12,815百万円
年高 3,615 年安 1,621

こちらが6カ月チャートです。

去年のクリスマスに年初来安値をつけて、まだ戻し切れていないといったところでしょうか?英国にも拠点があるので、それなりに影響があるのかもしれませんね。
優待権利月は9月末です。まだまだ先の話なので、優待目的なら英国の状況を横睨みでいいのかもしれません。もう少しで、13週平均が上向きになりそうなので、13週のサポート確認後ならキャピタルゲイン狙いのINもいいと思います。
ただし、日経平均が21,000円に中々たどり着けないので、欲張らずにヒット&アウェイが得策だと思っております。26週平均付近を目安に(欲張り?)したいと思います(^_^)

兎にも角にも、世界経済注目のブレグジットはどういう結末を向かえるのでしょうか?
私は、これから節目節目でのポンドの折り込み具合にだけ注視したいと思います(^_^)

最後に魔法の言葉を。取引は自己責任でお願いします。
ではまた(^_^)/