ちょっと寄り道♪INメッツァビレッジ

長期関連

お疲れ様です。飛龍奉考です。

今回は、行ってまいりました。話題?の施設。埼玉県飯能市にあるメッツァビレッジ(^_^)
なんと11月から高い高いと評判の駐車場代が平日無料、土日祝最大料金1,500円となっております。これでかなりハードルが低くなりましたので、無理矢理寄り道してきました。本来なら、はいさび氏と犬を連れてなのですが、今回は予定外の寄り道だったので私のソロ活動です。なので、有料施設のムーミンバレーパークには行かず、あくまで無料のメッツァビレッジのみとなります。近いうちに、はいさび氏の記事でムーミンバレーパークも取り上げたいと思います(^_^) では早速・・・。

駐車場の前に大きな看板。温かみを感じますね。
入り口正面にあるマーケット棟です。

ここには、北欧の雑貨や、地元飯能市の新鮮野菜、ちょっとした軽食のお店がありました。「北欧体験」のスタートを感じますね(^_^)

クリスマスツリーがお出迎え。

12月21日、22日はフィンテックから玉井代表取締役社長、じゃなかったフィンランドからサンタクロースがやってくるイベントもあります。楽しいムーミン一家でもクリスマスの話がありますが、ムーミンらしい素朴な優しさを感じるお話です。おすすめですよ(^_^)
ツリーに派手さはありませんが、質素とも言える飾り付けは、まさに「北欧体験」かもしれませんね。私は、北欧旅行に行ったことがありませんので、比較はできませんがここはポジティブにとらえていきたいと思います(^_^)

敷地内にいくつかのフォトスポットがあります。

この建造物の向こう側に、ムーミンではおなじみの灯台が見えます。私は原作のムーミン小説も読んでおりますが、灯台の話はムーミンらしい冒険のお話です。今回は、眺めるだけに終わりますが、近いうちに必ず行ってみたいと思いました(^_^) トフトに会えるかもしれませんね。

カヌー工房の前にあった木彫りぐまです。

こちらは、カヌー工房Sagverk前にあった木彫りぐまです。後ろにある馬といい、まさに「北欧体験」を感じます。平日の夕方にも関わらずお客様が中で、「工房中」でした。こういう創作活動もまた「北欧体験」ですね。

スターバックスとリクライニングチェアです。

北欧とスターバックスは一見関係ないように感じますが、スターバックスの名前の由来は、ハーマン・メルヴィルの小説「白鯨」に登場するスターバック一等航海士から付けららえています。(ちなみに緑色の女性のマークはセイレーンです。セイレーンは上半身が女性、下半身が鳥や魚のギリシャ神話に登場する海の怪物です。よく見ると両端に魚のヒレが見えますね。)ムーミンパパは、冒険家なので船での冒険の話もたくさんあります。そういう意味では、スターバックスもあながち間違っていないのかもしれませんね。
目の前の芝生広場にもこのリクライニングチェアがいくつも配備されています。この時、気温は10度ぐらい、さらに宮沢湖からの風で極寒と言っていい状況でしたが、だれも座っていないこの椅子に寝そべってみました(^_^)。 寝そべった瞬間、曇り空が一面に広がりました。その後、なぜか笑いがこみ上げてきました。たとえるならば、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」のラストシーンのようでした。北欧にきてまさかの「ヌードルス体験」(^-^) 深すぎるぞメッツァビレッジ!

宮沢湖と紅葉の撮影と・・・その時(゜レ゜)

上空に爆音?とともに飛行鬼が!平日の夕方なのに「飛行」してる方がいました。私は絶対に出来ませんが、意外とハードなアトラクションだなと感じました。
遠くにはムーミンではおなじみの水浴び小屋があります。姿の見えないとんがりネズミに会えるかもしれません。(姿が見えないので心で感じる方法を使います。)

ムーミンバレーパーク入り口です。

ムーミンのぬいぐるみを持った子供たちも何人か居ました。ムーミンファンの私としましては、ムーミン人気が高まるのは非常にうれしいですね(^-^)ムーミンは小さな子供と、そこそこの年齢に達した大人が楽しめる物語だと思います。「北欧体験」と同時にムーミンデビューもおすすめです(^_^)

マーケット棟SAIBOKUのもつ煮込みカップです。

最後に、外が非常に寒かったのでマーケット棟にあるSAIBOKUの冬季限定商品もつ煮込みカップを頂きました。内容は伏せますがここでもちょっとした「北欧体験」がありました。しゃきしゃきのネギに濃厚な味付けのもつ 凄く美味しかったです。次回もリピ確です(^-^)

帰り道、入口も電飾が点灯してました。

メッツアビレッジの寄り道いかがでしたでしょうか(^_^) ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオのような派手派手しさはありませんが、素朴な感じがムーミンとマッチしていて良かったです。また、思ったのが犬の散歩にきている方(近所の方?)が割と多かったことです。犬連れの私としては、これは非常にポイントが高いです。今回は無料施設のみの下見でしたが、次回は本番の有料施設も行ってみたいと思います(^_^)

ここからは銘柄の話です(^_^)

さてこの流れで行くともちろん我らが?8789フィンテック・グローバルですが、これは次回はいさび氏の株ラボで紹介するだろうと思い予定変更。フィンテックといって真っ先に思いつくものは、もちろん玉井信光代表取締役社長です。ヤフ板でもいろんな意味で登場しております。フィンテックと全く関係がありませんが、玉井つながりで9127玉井商船で行きたいと思います。海運業を1つはポートフォリオに入れておきたいと思っているのは私だけでしょうか?海運業の醸し出す世界観が好きなのかもしれません。

9127 玉井商船
817円(11/22)
発行株数 1,932,000
時価総額 1,578百万円
年高 1,086 年安 765

こちらが6ヶ月チャートです。

11月8日に発表された中間決算は赤字拡大、市場コンセンサス下回り、さらに通期下方修正。通期予想も減収、赤字転落のようです。さすが玉井というだけあってやるときはやる銘柄ということでしょうか( ゚Д゚)
ですが、こちらの玉井は意外と踏ん張ってます。というかほぼ無風。金曜日の出来高が4,800株。ヤフ板は8月1日から更新なし。なるほど、玄人好み銘柄ですね。
時価総額15億は、ヤフーファイナンスのランキングで確認すると11月23日現在3,742位(全部で3,840銘柄)。あるかどうかは別としてTOB出来そうな金額ですね。地方銀行も統合されておりますが、海運業の統合ってあるのでしょうか?全然わからない(‘ω’) 
海運業は、バルチック海運指数やWTI原油先物と連動すると言われておりますが、それぞれのチャートを見てもそこまではっきり連動していない。(目安にはなりますが。)さすが、玉井まったく読めない。 
見方を変えると、これほどの赤字決算を出しても、ほぼ無風でいられるのはある意味安定しているといえるかもしれません。私のようにポートフォリオに海運株を加えたいと考えている人には現物で買ってポートフォリオの彩にするには良いかもしれませんね。時価総額が低いので想定外のTOBなんてこともあるかもしれません(^-^) もう少し安くなれば拾ってみようと思います。投資でも投機でもない、あくまで彩(いろどり)です。(今後、投資にレベルアップすれば言うことなしですけどね。)

ムーミン一家も船でよく冒険に出ておりますが、ムーミンの船は帆船ですので無風では動きません。中間決算をほぼ無風でやり過ごした玉井船はタンカーですので、無風でも動くことは可能です。無風から追い風に変わり株価も上昇して行く。そんな状況になれば幸いです。セイレーンの歌声に惑わされ株価が座礁しないようにくれぐれもご注意を。(明日はスタバに行こうかな(^_^))

最後に魔法の言葉を。取引は自己責任でお願いします。
ではまた(^_^)/