祝!令和元年(^_^)

投機関連

お疲れ様です。飛龍奉考です。

本日は朝から、日本中がお祝いムードですね(^_^)
ネット上もお祝いムードで平和の有難さを実感します。
徳仁天皇の記事もあり、日本の歴史の深さを認識する良い機会となりました。
平成は戦争のない唯一の時代でしたが、災害などは毎年のように発生していました。
令和の時代は、最新のテクノロジーで災害はもちろんのこと、ミサイルやサイバー攻撃にも対応し、より平和な時代になってもらいたいですね(^_^)。

ここからは銘柄の話です(^_^)

さて、令和最初のツナガル銘柄ですが、徳仁天皇の生い立ちからの記事(ハフポスト)から発見(^_^)
徳仁天皇の趣味は登山で、初めての登山(5歳の時)は軽井沢の離山(標高1256メートル)。その時に「山と渓谷」(1995年1月号)に思い出をエッセーでつづられている。とあります。思いっきり狙ってみましょう(^_^) 9479インプレスホールディングスです。
会社四季報によると、出版とITの両方を手掛け、ネット関連出版の草分け的存在。傘下に「山と渓谷社」です。

9479 インプレスホールディングス
148円(4/26)
発行株数 37,371,500
時価総額 5,531百万円
年高 163 年安 128

こちらが6カ月チャートです。

マグマ溜まってそうですね(贔屓目)( ゚Д゚)。以前のAmazon関連で騒がれた?ときに触っておりましたが、たまに噴火する印象です。その時の関本社長が実直そうな方(カレンダーの返品が想定を超えたと丁寧にIRで報告されておりました。)で好きだったのですが、2016年に退任されたようですね。その時のIRには、相談役に就任されたとのこと。(今もいるのかな?)

知りたい情報はインターネットなどで簡単情報収集がメインの時代ですが、書籍の良さも絶対にあります。何度でも好きな時に読み返せるし、所有する喜びもあります。ブックオフで換金し、次の方に引き継ぐことも出来ますしね( ゚Д゚)
株価的には初心者さんから大口さん、仕手屋さんに至るまで買いやすい位置をキープ中です( ゚Д゚) 

ここで朗報です。今期の最終決算は、5月13日ですが第三四半期を終えて、進捗率が驚きの420%超え。本決算まで日程が少ないうえに上方修正未だに無し。どうやら私が知っている以前のインプレスではないのかもしれません。そうやって考えてみると、まさに「夜明け前」に見えなくもありません。決算発表が13日の月曜日なので、10連休明けの7日から4日間しかありません。徳仁天皇効果で登山人気からの着火。狙ってみたいと思います(^-^)

登山の話をしていて思い出したのですが、健吉先生が、株式相場には3つの「坂」があると言っておられました。「上り坂」「下り坂」「まさか」です。進捗率420%のインプレスは、これからまさに「上り坂」チャートを描きそうです。が、ここは仕手筋も介入する恐れがありますので、深追いは禁物です。「まさか」の「下り坂」への備えを怠ってはなりません。標高(株価)は、148円と かなりの低山ですが、「まさか」というより「まっさかさま」に巻き込まれないように細心の注意を払いましょう(゜レ゜)

最後に魔法の言葉を。取引は自己責任でお願いします。
令和時代もよろしくお願いいたします。ではまた(^_^)/