グレー・リノについて考える。

監視対象関連

お疲れ様です。飛龍奉考です。

ブログを10日間怠っておりましたが、実はストボホームページにある律さんがお書きになったブログについて考えておりました。3月1日に投稿されている「ブラック・スワンとグレー・リノ」についてです。詳細は実際のブログをお読みいただく方が良いと思いますが、ブラックスワンは前回の当ブログで奇しくも私も書いております(^_^)

さて、私が考えていたのは「グレー・リノ」についてです。律さんのブログから抜粋しますと、「すでに目の前にある問題ながらその悪影響が無視されている問題点、を指すそうです。サイは目の前にいつもいますが、普段はおとなしいので別に何の問題もない、しかし、いったん暴れだすと手がつけられない、ということで。」(ここは律さんの声色で読むことをお勧めします(^_^))
さすが律さん。言うことがかっこいい。律さんのお話ではグレー・リノの後ろにブラック・スワンが現れた。となり、近い将来リーマンショック級の何かが起きると結ばれております。

グレー・リノは今、我々が目の当たりにしているものということなので、私もグレー・リノについて考えてみました。考えているといろいろな目に見えるリスクってあるものだなと思いました。世の中グレー・リノだらけですね(゜レ゜)
そんな中から、飛龍流のグレー・リノ候補を見つけました。 ずばり、ドナルド・トランプ大統領そのものです。 ちなみにこの事を、はいさび氏に尋ねてみると、「普段から大人しくない」と言われましたが、気にせず進みます。

まず、トランプ大統領を正面から見ると、サイっぽいですよね。私、本日直感的に「グレー・リノ居た。」と思いました。風水師プイ・イン師、WWEビンス・マクマホン、愛人問題からロシア疑惑、カツラ疑惑まで話題も様々。後ろに1,2匹のブラック・スワンが隠れていても問題はないでしょう。
健吉先生も3月7日のストボブログでアメリカ大統領弾劾について書かれております。風向きは突然変化するとのことを書かれておりました。弾劾があるかどうかはわかりませんが、トランプ大統領の立場が悪くなる場合、恐らく数多くの「人為的ミス」の連鎖が起こっているはず。

また、世界もトランプ大統領に「慣れ」てきているので、問題行動、発言も「まあ、トランプだからね」でスルーしている。その「慣れ」が一番怖かったりしますよね。「慣れ」と「人為的ミス」の積み重ねが最後に強大なブラック・スワンを呼ぶ。そんなシナリオを考えてみました。もうすでに結構積み上がっているかもしれませんね( ゚Д゚) 
今野さんもマーケットウォッチで、空売り比率50%超え過去最高とお話しされておりました。この空売りが利益を上げるのか?焼かれてしまうのか?私にとって今年の相場は、特別に「面白くなってきた♪」と感じております(^_^)

ここからは銘柄の話です(^_^)

さて、今回のツナガル銘柄ですが、トランプ、サイ(賽)とくればゲーム関連銘柄。ゲーム銘柄の有名どころ9684スクウェア・エニックス・ホールディングスで行きたいと思います。何を隠そうドラクエXやっておりました。その後、相場と出会ってやらなくなりました。オンラインゲームは時間を取られるので投機家には向いていませんね。今は、ソリティアがメインです(^_^)

9684 スクウェア・エニックスHD
3,270円(3/11)
発行株数 122,531,596
時価総額 400,678百万円
年高 5,890 年安 2,766

こちらが6カ月チャートです。

正直な感想は、株価高いなと思ったのですが、下がってるんですね。ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーとそれなりに知られているゲームタイトルがあるからかもしれませんが、時価総額4千億超えはなかなかですね(゜レ゜)社員のお給料が高いので有名でしたが、なるほど納得です。ドアドアの会社がでかくなりましたね。
ドラクエXをプレイしていた観点からは株を買う気にはなれませんが、第三四半期で進捗率53,2%は、ゲーム感覚でも触りたくないですね。ここからザオラル(生き返る呪文)からの、メラゾーマ(強めの攻撃呪文)となるのでしょうか?何にせよ5月の本決算を確認してからの方が良さそうです( ゚Д゚)

ドラクエなどのRPGには、最後の敵「ラスボス」がつきものです。今回の記事でも「ブラック・スワン」「グレー・リノ」なるラスボスに相応しいモノを取り上げました。
ラスボスを倒すと大体は平和が訪れます。トランプ大統領の言動を新鮮な目で見ることで、人より平和の訪れが早くなるかもしれませんね(^_^) トランプ大統領見るときは「壁」を作らないようにしたいと思います。 

最後に魔法の言葉を。取引は自己責任でお願いします。
ではまた(^_^)/