【暗号資産☆基礎(2)】ビットコイン

暗号資産☆基礎

お疲れ様です。飛龍奉考です。

今回は、暗号資産の伊邪那岐と伊邪那美、アダムとイヴ…すべてはここから始まった。
ビットコインについてです(^_^)

まずは、超簡単な歴史(値動き)から♪

ビットコインが誕生してからの流れ

ビットコインは、2008年10月にサトシ・ナカモトという人物(またはグループ)による論文が発表され、翌年の2009年1月に産声を上げました。

ちなみにその時の値段は日本円で約0.07円です。

その翌年の5月22日 には、アメリカ・フロリダ州で世界で初めてビットコインで決済(商取引)が行われました(1万ビットコインでピザ2枚を購入)。

この記念すべき日は「ビットコイン・ピザ・デー」と呼ばれています(←これは次の5月22日はピザ一択ですね(^_^))。

さらに、2010年7月には、世界初となるビットコイン取引所「マウントゴックス(Mt.Gox)」が取り扱いを開始。
ここでビットコインの価格は、日本円で7円まで値上がりします(すでに100倍!)。

また、2011年5月~6月には、アメリカTIME誌の掲載で認知度が上がり、価格は1,500円まで急騰することに。
この時点でわずか2年間で2万倍の価値となっています。

しかし、かの有名なマウントゴックス取引所のハッキング被害を受け、セキュリティ問題で価格が下落、年末には300円台となりました。

2013年12月には、日本のNHKで初めてビットコインの特集を放送。
この時ビットコインは約12万円。
2013年の1月はまだ2,000円だったので60倍となったのです。

その後の紆余曲折、主にハッキング、通貨不安、取引規制、マイクロソフト決済採用、改正資金決済法、CMEビットコイン先物開始などを経て、2017年12月には200万円に。

最近ではコロナウィルスで一時期50万円台まで下落、そしてそして2021年11月現在は660万円台で推移しております。

…この動きを見て、誰しもが買っておけばよかった!!となるかもしれませんが、ご安心ください(^_^)まだまだチャンスはありそうです♪

ビットコインは全ての暗号資産の親ですので、廃れるといううことだけは無さそうです。次の目標の1000万、2000万に向けて動いていくのかもしれません(*^^)v

ビットコインのマイニングについて

ビットコイン(他のコインもですが)のことを調べていると、いろいろな難しい言葉が出てくと思います。その中の一つが「マイニング」です。

マイニング(採掘)とは、暗号資産の売買を記録する(繋ぐ)作業です。

簡単に言うと、暗号資産の取引は銀行のような管理者がいないため取引記録を誰かが承認しなければなりません。その承認作業をマイニングと言います。

このマイニングは早い者勝ちで、報酬にはビットコインが支払われます。

そのため、演算能力の高いパソコンを使って承認を勝ち取り利益を得る個人や法人がおり、その採掘者を「マイナー」と呼ぶとのこと。

昔はライバルが少なく、普通のパソコンでも戦えたらしいのですが、今は法人が主役のようで個人ではほぼ太刀打ちできないレベルのようです。念のため(゜レ゜)

ビットコインの半減期について

ビットコインや他のコインでもですが、「半減期」というルールがあります。

これは簡単に言うと、コインのインフレ防止策がすでにコインにプログラムされており、ビットコインでは21万ブロック生成(マイニング)されるごとに、上記のマイニングの報酬が半分になるということです。

(ビットコインではすでに3回の半減期を迎えており、半減期前の報酬は50ビットコインで、3回目の半減期後の報酬は6.25ビットコインとなっています)。

報酬が半分になるので『マイナーが引退・撤退し、コインの発行の抑制をすることによりインフレを防ぐ』…いやー本当にすごいシステムですね。

ちなみに、この半減期は、マイナーさんの頑張り?にもよりますが、概ね4年に1回訪れます。
次は2024年ごろだそうです。

半減期はいつまで続くのかというと、そもそもビットコインの発行上限は2100万ビットコインと決まっています。

2140年ごろに上限に達するといわれていますので約4年に1回のイベントとして覚えておくべきですね(*^^)v

…いかがでしたでしょうか?ビットコインは、まさに暗号資産の代名詞ですので、上がるときも下がるときも他の通貨を引き連れて動いていきますので、絶対に抑えるべきコインです。

歴史的に通貨危機や経済不安などで人気が高まるのが基本ですが、金などのコモディティ関係との相関性もあり、見ていると非常に面白く思います。

値動きは非常に激しいので、とりあえず思い立ったら買う!でいいと思います。
私の場合は、以前にリミックスポイントの株主優待でもらったビットコインが利益になってるということもあるので、ほったらかし作戦が功を奏するとも言えます。

ドルコスト平均法(毎月同じ金額でシステム的に買っていく方法)などもいいかもしれませんね(*^^)v
ビットコインは「考えるより感じろ」がいいので、逆に初心者にもお勧めできると思います(^_^)

最後に魔法の言葉を。取引は自己責任でお願いします。
ではまた(^_^)/