【株基礎】まずは「証券口座を開設しよう!」おすすめの証券会社は?

株基礎

お世話になります。はいさび です。

「株式投資をはじめるぞ!」と思ったら、まずは証券会社に口座開設が必要ですよね。
…でも、証券会社ってたくさんあって、どうやってえらべばいいのか( ゚Д゚)?

「オススメはどこかな?」…と思い、調べてみました。
各証券会社に特徴があって、サービス内容もいろいろ。
「どこの口座を使っても同じなんじゃない?」というわけではなく、投資成績にも影響する大事なことなんですね。

ですから、くわしくは証券会社の公式ホームページで確認しなければなりませんが、どんなものかサックリとみていきたいと思います。

ここでは、初心者さんにオススメの「ネット証券」主要5社にしぼって比較していきます。

(NISA(ニーサ。少額投資非課税制度)やiDeCo(イデコ。個人型確定拠出年金)は、ここでいう証券口座とは別の専用の口座(1人1つの口座しか持てません)を開設する必要があります。ここでは、「証券総合口座」にスポットを当てています)。

★今日のポイント★
①口座開設も口座の維持も無料の「ネット証券」がオススメ
②証券会社で口座(証券総合口座)を開設する際は「手数料」「取引ツールの使い勝手」「取り扱っている商品やサービス」「情報量の多さ」などを見る

 ネット証券をえらぶポイント

株お
株お
ネット証券会社ってたくさんあるんだね。
どうやってえらべばいいのかわからないよ…
株子センセイ
株子センセイ
証券会社で口座(証券総合口座)を開設するときにみるポイントは、「手数料」「取引ツールの使い勝手」「取り扱っている商品やサービス」「情報量の多さ」などがあります。
それぞれの証券会社に特徴があるので、比較して決めましょうね

ここで紹介するネット証券は、口座開設も口座の維持も無料でできます。

気になる証券会社があったら、いくつか口座を開設してみて「(ご自身の)投資目的、投資スタイルに合っているか?」や「使い勝手のよさはどうか?」など、検討してみてはいかがでしょうか?

株お
株お
投資目的?投資スタイルって?

「投資目的」とは、どういった目的で株投資をしていくのか?ということ。

「投資スタイル」は、投資をおこなう際にきほんとなる考え方や手法のことです。

株子センセイ
株子センセイ
投資をするのは「資産をふやしたいから」という方が多いと思いますが、目的は同じでも、どういうやり方で、どれくらい、期間は…など、人によって考え方はさまざまですよね。
自分に合った方法を見つけて、株式投資をたのしんでいきたいですよね
株お
株お
そうだね。
なぜ株式投資をしたいのか、株式投資とどうつきあっていきたいのか…
目的や目標・計画をハッキリさせて、自分の性格や生活に合った“自分に向いている投資方法”を見つけていきたいな
株子センセイ
株子センセイ
そういったことも踏まえたうえで“自分に合った証券会社”をえらびましょうね

ネット証券の手数料を比較

株お
株お
ネット証券の売買手数料ってどれくらいなの?

売買手数料は「1回の約定ごと」にかかるタイプと「1日の約定代金の合計額(1日定額制)」にかかるタイプの2種類あります。

約定(やくじょう)とは、株式取引などの売買が成立することです)。

株子センセイ
株子センセイ
1日の取引が少ない場合は「1回の約定ごと」の方が手数料がお得に、1日の取引が多い場合は「1日の約定合計額(1日定額制)」の方がお得になる場合があります
株お
株お
自分の投資スタイルに合ったものをえらばないとね!
株子センセイ
株子センセイ
では、主要ネット証券5社の「(現物取引の)売買手数料」をみてみましょう。
現物取引(げんぶつとりひき)とは、通常の取引のことです)

1回の約定ごと」の手数料(税込)

証券会社10万円まで20万円まで30万円まで50万円まで100万円まで200万円まで
SBI証券99円115円275円275円535円1,013円
楽天証券99円

115円275円275円535円1,013円
松井証券
※1日の定額制のみ
マネックス証券110円
198円275円495円成行 1,100円
指値 1,650円
成行 約定金額の0.11%
指値 約定金額の0.165%
auカブコム証券
※1回の約定ごとのみ
99円
198円275円275円
約定金額×0.099%+99円
(上限:4,059円)
約定金額×0.099%+99円
(上限:4,059円)
GMOクリック証券96円107円265円265円479円917円
SBIネオトレード証券
(旧ライブスター証券)
88円106円198円198円374円660円

1日の約定合計額(1日定額制)」の手数料(税込)

証券会社10万円まで20万円まで30万円まで50万円まで100万円まで200万円まで
SBI証券無料無料無料無料無料1,278円
楽天証券無料

無料無料無料無料2,200円
松井証券
※1日の定額制のみ
無料無料無料無料1,100円2,200円
マネックス証券550円
550円550円550円550円2,750円
auカブコム証券
※1回の約定ごとのみ

GMOクリック証券234円234円305円438円876円1,283円
SBIネオトレード証券
(旧ライブスター証券)
440円440円440円440円660円1,100円

ネット証券会社のサービスを比較

株子センセイ
株子センセイ
手数料がお得なのは大事なことですが、取り扱い銘柄数やサービス、取引ツールについても検討しましょうね
証券会社特徴
SBI証券ネット証券最大手であり、ネット証券の中で口座開設数No.1。
取扱商品が豊富。
手数料は業界屈指の安さ。
PTS取引(8:20-23:59)を利用できる。
IPO(新規公開株)の取扱い数が大手の総合証券並みに多い。
Tポイントが貯まる&Tポイントで投資信託の購入ができる
楽天証券楽天スーパーポイントが貯まる&ポイントで投資信託の購入ができる。
楽天グループの連携サービスと組み合わせでよりお得に。
楽天のアカウントを持っていれば30秒で証券口座開設の申し込みが完了。
高機能なトレードツール「マーケットスピード(Ⅱ)」が人気。
充実したスマホアプリ「iSpeed」。
無料で提供される投資情報が豊富。
松井証券
約100年の老舗証券会社。
「一日信用取引」はデイトレード限定で手数料が無料(プレミアム空売りもできる)。
PTS取引(8:20-23:59 )を利用できる。
ネットストック・ハイスピードなどの無料の投資情報ツールやサポート体制も充実している。
マネックス証券米国株取扱数が圧倒的に多い。
IPO(新規公開株)の取扱銘柄数が多く、抽選ルールが公平。
ワン株(単元未満株取引)や貸株サービスがある。
日本株分析ツール「銘柄スカウター」で簡単に企業分析ができる。
auカブコム証券主要ネット証券最多の自動売買発注方式を提供。
1株から取引可能なプチ株や毎月500円~のプレミアム積立で少額でも投資できる。
パソコン操作が苦手な方でも遠隔操作でサポートしてくれる。
GMOクリック証券取引コストは業界最安値水準。
使いやすさとわかりやすさにこだわった取引ツール。
万全のサポート体制が整っている。
SBIネオトレード証券
(旧ライブスター証券)
取引コストは業界最安値水準(信用取引手数料は恒久無料)。
オリコン顧客満足度Ⓡランキング「取引手数料」において7年連続7度目の1位を受賞。
IPO(新規公開株)の事前入金が不要。
シンプルで高機能な取引ツール。
株お
株お
証券会社のホームページでくわしく見てみよ~っと。
…あっ!口座開設でお得なキャンペーンもあるんだね!
いろいろな角度から各社をじっくり比べてみないと!
証券会社公式ホームページURL
SBI証券https://www.sbisec.co.jp/
楽天証券https://www.rakuten-sec.co.jp/
松井証券
https://www.matsui.co.jp/
マネックス証券https://www.monex.co.jp/
auカブコム証券https://kabu.com/
GMOクリック証券https://www.click-sec.com/
SBIネオトレード証券
(旧ライブスター証券)
https://www.sbineotrade.jp/

まとめ

  • 初心者さんにオススメなのは、口座開設も口座の維持も無料の「ネット証券」
  • 証券会社で口座(証券総合口座)を開設するときにみるポイントは、「手数料」「取引ツールの使い勝手」「取り扱っている商品やサービス」「情報量の多さ」など
  • 自分の投資目的、投資スタイルに合っているかについても検討すること
株子センセイ
株子センセイ
ご自身に合った証券会社をえらべましたか?
では、いくつか口座開設してみましょうね。
ここまでお疲れさまでした♪

口座開設について、くわしくは↓こちらへどうぞ^^

【株基礎】まずは「証券口座を開設しよう!」
「株式投資をはじめてみたい!」初心者さんにもわかりやすい株投資の基礎です。今回は「証券口座開設」について。