【株基礎】まずは「証券口座を開設しよう!」

株基礎

お世話になります。はいさび です。

「株式投資をはじめてみたい!」…とはいったものの、一体なにをどうしたらいいのか(*_*)?
株初心者さんには難しいことばがたくさんで、さっぱりわかりませんよね?

でも、必要最低限のことだけでもしっかり理解して、投資を楽しんでいきたいですね^^

まずは、「証券口座」を開設するところからスタートです。

★今日のポイント★
①株取引をするためには、まず証券会社に自分の証券口座(証券総合口座)をつくる必要がある
②手数料が安く、口座開設も口座維持手数料も無料の「ネット証券」がオススメ
③株を買うには株購入代金と売買手数料が必要

株取引の流れは?

株お
株お
株をはじめたいと思っているんだけど、どうやってはじめたらいいの?
株子センセイ
株子センセイ
株取引の流れは、
①証券会社に口座開設する→②入金する→③買いたい株を探す→④株を買う→⑤株を売る→⑥出金する です。
くわしくみていきましょうね

証券会社に口座を開設する

株子センセイ
株子センセイ
わたしたちが株を買ったり売ったりするときの窓口となるのが「証券会社(しょうけんがいしゃ)」です。
証券会社が投資家から「株を買いたい」「株を売りたい」という注文を受けて、それを証券取引所につたえ、株式の売買を仲介します

株取引をするためには、まず証券会社に自分の証券口座(証券総合口座)をつくる必要があります。

証券総合口座(しょうけんそうごうこうざ)」とは、投資するためのお金を管理するための口座(銀行口座のようなもの)のことです。

(NISA(ニーサ。少額投資非課税制度)やiDeCo(イデコ。個人型確定拠出年金)はこれとは別の専用の口座(1人1つの口座しか持てません)を開設する必要があります。ここでは、証券総合口座にスポットを当てています)。

株子センセイ
株子センセイ
初心者さんは、手数料が安く、口座開設も口座維持手数料も無料の「ネット証券」がオススメです

証券会社には大きく2種類あります。

総合証券」(野村証券、大和証券など。店舗での対面営業)

ネット証券」(松井証券、SBI証券、楽天証券、マネックス証券など。店舗はなく、すべてインターネットを利用した取引(オンライントレード))

株子センセイ
株子センセイ
手数料が安いだけでなく、取引ツールも充実していて、ネットに接続できればいつでもどこでも取引できる便利さ・気軽さから、投資家のほとんどがネット証券をつかっているんですよ
【株基礎】まずは「証券口座を開設しよう!」おすすめの証券会社は?
「株式投資をはじめてみたい!」初心者さんにもわかりやすい株投資の基礎です。今回は「口座開設におすすめの証券会社は?」について。

口座開設するネット証券をえらぶ

株お
株お
スマホやパソコンで株取引ができるなんて便利だね!
でも、どのネット証券会社をえらべばいいのか迷うよ…
株子センセイ
株子センセイ
証券会社ごとに特徴があり(手数料や取引ツール、サポート体制など)強みがちがうので、いくつかえらんで口座開設してみるといいですよ。
使い勝手がよく、自分に合ったサービスがあるところを見つけましょうね

証券口座を開設する

口座を開設する証券会社(ネット証券)が決まったら、口座開設の申し込みをします(インターネット上で手続きします)。

株子センセイ
株子センセイ
口座開設に必要な「マイナンバー」、「本人確認書類(運転免許証など)」、「本人名義の金融機関(証券会社への入出金に利用するもの)」、「印鑑(シャチハタ不可。不要な場合もあります)」、「ご自身のメールアドレス(フリーメールでもOK)」をあらかじめ用意しておきましょうね
株お
株お
さっそく口座開設してみよ~っと

まず、公式サイトの口座開設画面にいきます(“口座開設はこちら”をクリック)

必要事項(名前や住所など)を入力し、本人確認書類を提出(画像をアップロード(転送)、または郵送にて提出)します。

(事前にマイナンバーと本人確認書類の写真をとっておくとスムーズです。郵送の場合は口座開設に多少時間がかかります)

株お
株お
…あれれ?
「特定口座 源泉徴収あり」「特定口座 源泉徴収なし」「一般口座」のうち、どの口座を開きますか?…って出てきたけど、どうすればいいの?
株子センセイ
株子センセイ
初心者さんは「特定口座 源泉徴収あり」をえらんでおくと便利ですよ。
なぜなら、確定申告をする必要がないからです

特定口座 源泉徴収あり」の場合、証券会社が1年間の株取引(売買)でどれだけの利益または損失が出たのかを計算した「年間取引報告書」をつくり、本人に代わって税金を納めてくれます(売却益が出るたびに証券会社が税金分を徴収して税金を納めています。そのため確定申告は必要ありません)。

特定口座 源泉徴収なし」の場合、証券会社が「年間取引報告書」はつくってくれますが、本人が税金を納めなければなりません(年間の売却益が20万円を超えた場合、その「年間取引報告書」をもとに確定申告が必要です)。

「一般口座」の場合、証券会社は税金の手続きについてなにもしてくれません。税金の計算も確定申告も納税も、本人がすべて自分でおこないます(年間の売却益が20万円を超えた場合、年間の取引を自分で記録して確定申告する必要があります)。

株お
株お
口座開設ってかんたんにできるんだね。10分もかからなかったよ

…ここまでおわると、仮IDと仮パスワードが発行されてホームページからログインできるようになりますので、画面にしたがって初期情報を入力します。

入力完了後、1〜2日で正式な口座番号、ログインパスワード、取引パスワードが記載された「口座開設手続完了のご案内」が送られてきます( 大切に保管しておきましょう)

株子センセイ
株子センセイ
口座開設の申し込み後、3営業日~7営業日ほど(最短で1営業日)で口座開設は完了しますよ

(ちなみに、申し込みのさいごの方で「信用取引口座」「NISA口座」「FX口座」などを一緒に開設しますか?と問われた場合、必要ないなら「開設しない」をえらびます(開設したくなったときにあとから開設できます)。

証券口座に入金する

株子センセイ
株子センセイ
口座開設が無事に完了したら、その口座にお金を入れましょう

株を買うのに必要なお金と、株を買ったり売ったりするときにかかる売買手数料を口座に入金しておかなければ株取引はできません。

株を買うのに必要なお金は、

「1株あたりの株価 × その株を何株買うか(100株単位)」で計算します。

株子センセイ
株子センセイ
何株買うか…は、単元(たんげん)という売買単位をつかいます。
1単元=100株で、最低100株~売買できます。
(ミニ株など、例外がある場合もあります)
株お
株お
たとえば、株価500円の株(銘柄)を100株(1単元)買いたい場合、
500円×100株=5万円 必要ってことだね
株子センセイ
株子センセイ
そうです。
それから、株の売買をしたときは、証券会社に手数料(取引の仲介料)を支払わなくてはなりません(=「売買手数料」といいます)。
株式を売買した代金の〇%と決められていることが多いのですが、証券会社によって異なるのでチェックしておきましょうね
株お
株お
手数料って、つみ重なるとけっこうな金額になるからよく考えて取引しないとね。
入金方法についても教えてほしいな
株子センセイ
株子センセイ
入金方法は大きく2つあります。
「即時入金(インターネットバンキング)」と「(銀行の窓口やATMでの)振込です。
(証券会社により、その他の方法をあつかっている場合もあります)。
オススメは、「即時入金です

「即時入金」とは、インターネットを使って入金する方法です(手数料無料、証券口座へ即時反映されるといったメリットがあります)。

「ネット銀行」(店舗を持たずにインターネットでサービスを提供する銀行)のほか、みずほ銀行などの大手銀行でもインターネットバンキングをおこなっていますので、あらかじめ契約をしておくと便利です。

まとめ

  • 株取引をするためには、まず証券会社に自分の証券口座(証券総合口座)をつくる必要がある
  • 手数料が安く、口座開設も口座維持手数料も無料の「ネット証券」がオススメ
  • 口座開設の際「特定口座 源泉徴収あり」をえらんでおくと便利(確定申告なし)
  • 口座開設の申し込み後、3営業日~7営業日ほど(最短で1営業日)で口座開設は完了
  • 株を買うには株購入代金と売買手数料が必要
株お
株お
よし、口座開設して入金もできた!
いよいよ株取引をはじめられるね
株子センセイ
株子センセイ
ついに投資家デビューですね!おめでとうございます(笑)
あとは、買いたい株を探して、株を買って、その株を売って、出金する…という流れです。
口座開設、お疲れさまでした♪