【株基礎③】東証33業種、業種別株価指数とは?

株基礎

お世話になります。はいさび です。

日本経済全体の状況をザックリ見るのに、「日経平均株価(日経225)」「TOPIX」「JPX日経400」などの指数は(あくまでも目安ですが)参考になります。

でも、「どの企業(個別企業)に投資しようかな?」と考えるとき、目安とするにはスケールが大きすぎますよね?

ですから、「どういった産業(業種)が調子がいいのか?悪いのか?」がわかったら、日本経済の状況もより把握できますし、投資をするときにも役立つのではないかと思います。

今回は「東証33業種」「業種別株価指数」について学びます。

★今日のポイント★
①東証33業種は、東証に上場している銘柄を業種別に33のグループに分類したもの
②株式市場に上場した企業は業種別に分類され、証券コード(4桁の番号)が割りあてられる
③業種別株価指数は、株式市場の相場全体(業種別)の騰落の傾向をつかむのに役立つ(同じ業種に分類された銘柄は、株価の動きが似てくる)

東証33業種とは?

「東証33業種(とうしょうさんじゅうさんぎょうしゅ)」とは、東証(東京証券取引所)に上場している銘柄を業種別に33のグループに分類したものです。

株お
株お
…でも、企業はいろいろな事業をしているよね?
どうやって業種別に分けるの?

いくつかの事業をおこなっている企業は多くあります。

どのグループに属すかは、上場時点での主な業種(いちばん売上高が大きい主要な事業)をもとに分類されます。

この銘柄のグループのことを「セクター」といいます(セクターは業種別だけでなく、発行株数、株価、技術や開発など、いろいろなテーマで分ける場合があります)。

株子センセイ
株子センセイ
株式市場に上場した企業は、業種別に分類され証券コード」という4桁の番号が割りあてられます。
証券コードは、業種によって番号がだいたい決まっているんですよ(目安なので、覚える必要はありません^^)
業種東証33業種証券コード
水産農林業水産・農林1300~
鉱業鉱業1500~
建設業建設1700~
製造業食料品2000~
繊維3000~
パルプ・紙3700~
化学4000~
医薬品
石油・石炭5000~
ゴム5100~
ガラス・土石5200~
鉄鋼5400~
非鉄金属5700~
金属製品5900~
機械6000~
電気機器6500~
輸送用機器7000~
精密機器7700~
その他製品7800~
卸売業卸売業8000~
小売業
金融保険業銀行8300~
証券・証券先物8600~
保険8700~
その他金融
不動産業不動産8800~
運輸・情報通信業陸運9000~
海運9100~
空運9200~
倉庫・運輸9300~
情報・通信9400~
電気・ガス業電気・ガス9500~
サービス業サービス9600~

(大まかにですが)「証券コード」の上2ケタは業種をあらわしており、下2ケタの数字が小さい(若い)ほどその業種の代表的な銘柄であることが多くなっています。

業種別株価指数とは?

「業種別株価指数」(ぎょうしゅべつかぶかしすう)とは、上場企業を業種別に分類して算出される指数です。

株子センセイ
株子センセイ
代表的なものとして「東証(33)業種別株価指数」「業種別日経平均株価(=日経500種平均株価)」があります

「東証(33)業種別株価指数」とは、東証1部に上場している企業を33業種別に分類して、時価総額加重方式により算出される指数です。(TOPIX(東証株価指数)を補完する株価指数のひとつです)。

また、「業種別日経平均株価(日経500種平均株価)」とは、日経500種平均株価の採用銘柄(500銘柄)を36業種に分けて算出される平均株価です。

(日本経済新聞社が、過去3年間の売買高、売買代金、時価総額をランキングした結果の上位500銘柄を採用し、日経平均株価と同じ「ダウ式」により算出しています)。

株お
株お
業種別株価指数を見るとなにがわかるの?
株子センセイ
株子センセイ
業種別株価指数は、株式市場の相場全体(業種別)の騰落の傾向をつかむのに役立ちます。
同じ業種に分類された銘柄は、株価の動きが似てくることがよくあるんですよ

騰落とは、株価の上がり下がり(騰貴(とうき)と下落(げらく))のことです。

株子センセイ
株子センセイ
たとえば、業種別にみて銀行グループに属している銘柄の株価が全体的に値上がっている場合、「今日は銀行セクターが上げている」などといいます
株お
株お
どの業種の株価が上昇傾向にあるのか、もしくは下落傾向にあるのかがわかるから目安になるね

まとめ

  • 東証33業種とは、東証に上場している銘柄を業種別に33のグループに分類したもの
  • 株式市場に上場した企業は業種別に分類され、証券コード(4桁の番号)が割りあてられる(証券コードは、業種によって番号がだいたい決まっている)
  • 業種別株価指数とは、上場企業を業種別に分類して算出される指数で、東証(33)業種別株価指数と業種別日経平均株価(日経500種平均株価)がある
  • 業種別株価指数は、株式市場の相場全体(業種別)の騰落の傾向をつかむのに役立つ(同じ業種に分類された銘柄は、株価の動きが似てくる)
株子センセイ
株子センセイ
業種ごとの傾向を知り、株投資をする際の参考にできるといいですね。
ここまでお疲れさまでした!
つぎの「株基礎④」では「時価総額」について学びますよ^^
よろしければ↓こちらへどうぞ
【株基礎④】時価総額、発行済株式数、流動性とは?
「株式投資をはじめてみたい!」初心者さんにもわかりやすい株投資の基礎です。今回は「時価総額」について。