【株基礎㊴】金利とは?国債とは?

株基礎

お世話になります。はいさび です。

株式投資をしていると出会うたくさんの難しい言葉たち。
その言葉自体は知っているけれど、意味はくわしくわからない…(*_*)と、いうことがよくあります。

金利、債券・国債…。
頻繁に聞くけれど…どんなもの?株価と関係あるの!?

今回は、「金利」と「債券」「国債」について学びます。

★今日のポイント★
①金利とは、貸金や預金に対する利子・利息の割合のこと(金利は景気動向に影響を与えるため、株価にも大きく影響する)。
②一般的に、好景気のときは金利が上がり、株価も上がる。逆に、不景気のときは金利が下がり、株価も下がる。
③債券とは、国や企業などが投資家から資金を借り入れるために発行する有価証券のこと(通常、金利が上がれば債券の価格は下がり、金利が下がると債券の価格は上がる)。
④国債とは、資金調達のために国が発行する債券のこと(国が破綻しない限りは元本割れのリスクはない)。

金利とは?

株お
株お
株投資していると「金利(きんり)が〇%だから…」とかよく聞くよ。
金利って、利子のことだよね…金利と株投資ってなにか関係があるの?
株子センセイ
株子センセイ
金利とは、貸金や預金に対する利子・利息の割合のことです(%で示されます)。
じつは、金利と株価とは密接に関係しているんですよ!

金利は景気動向に影響を与えるため、株価にも大きく影響します(景気変動は株価の値動きに連動します)

一般的に、好景気のときは金利が上がり、株価も上がります
逆に、不景気のときは金利が下がり、株価も下がります

株お
株お
世の中のお金の動き(消費)が活発になっているのが好景気。逆に、お金の動きが鈍化しているのが不景気だね
株子センセイ
株子センセイ
好景気になると(需要が供給を上回るため)企業業績への期待が高まるので、株を買う投資家が増えて株価が上昇します。
逆に、不景気になると企業業績に期待が持てないため、株を買う投資家が少なくなり株価が下落するんです
株お
株お
好景気のときって、企業は業績向上、個人は収入がUPして消費が活発化する。すると、さらに企業の儲けが増えて…と、いい循環になるよね!?
株子センセイ
株子センセイ
…しかし、景気がよくなりすぎてお金の流通量が増えすぎると、だんだん物価(モノやサービスの値段)が上昇してくるんです(=インフレーションといいます)

インフレーション(インフレ)とは、モノの値段が上がりつづける状態のことです。
モノの値段が上がるとは、(同じものを買うのに今までよりもお金を多く払わなくてはならないため)お金の価値が下がるということになります(日本でインフレが起こると円の価値が下がるので、円安になる可能性があります)。

株お
株お
物価が高騰しつづけるのは困りものだね… 
株子センセイ
株子センセイ
そのため、日銀が過度な景気状況を抑える(消費や設備投資を抑制する)ため、金利を上げることにより経済を正常な状態に落ち着かせようとします

逆に、不景気(企業業績や個人収入が下がり、消費が鈍化するためお金の流通量が減り、物価が下がる=デフレーション(デフレ))のときは金利を下げることにより、経済を活性化させ、景気をよくしようとします。

株子センセイ
株子センセイ
金利が低くなると、(利子が少なくお金を借りやすくなるので)お金を借りてでも使おうとする人が増えてきます。すると(その人たちにモノを売った)企業が儲かり、従業員の給与がUPします。そして、儲かった人がお金を使うようになり…となります
株お
株お
へぇ~、日銀が景気状況をみて金利をコントロールしているんだね

(※参考:日銀がコントロールできる金利について)

株子センセイ
株子センセイ
ちなみに、金利には「短期金利」と「長期金利」があるんですよ

短期金利とは、取引期間が1年以内の債券などの金利のことで、日本銀行の金融政策などによって決まります。

また、長期金利とは、引期間が1年を超える債権などの金利のことで、主に長期資金の需給関係によって決まります(物価の変動、短期金利の推移(金融政策)などの長期的な予想で変動します)。

債券とは?

株お
株お
へぇ~。短期金利と長期金利かぁ…ところで、債券(さいけん)って?

債券とは、国や企業など(=発行体)が投資家から資金を借り入れるために発行する有価証券のことです(あらかじめ利率や満期日などが決められて発行されます)。

代表的な債権として、国が発行する債券である「国債」(国庫債券の略)、企業が発行する債券である「社債」などがあります。

株子センセイ
株子センセイ
債券を購入すると定期的に利率分の利子を受け取ることができます。
また、満期には(発行体が破綻しない限り)額面金額が払い戻されるんですよ
株お
株お
投資家は国や企業などにお金を貸すかわりに利子をもらうっていう仕組みなんだね
株子センセイ
株子センセイ
ちなみに「長期金利は経済の基礎体温」ともいわれているんですよ。
長期金利は景気が悪くなれば低くなり、景気がよくなれば高くなるという傾向にあります
株お
株お
…金利が上がったり下がったりすると、債券にはどんな影響があるの?
 

債券の価格は、原則的に市場金利の動向により日々変動し、利回りも変わります。
通常、金利が上がれば債券の価格は下がり、金利が下がると債券の価格は上がります

株子センセイ
株子センセイ
債券の多くは固定金利型の債券です。
発行時から償還まで利率が変わらないため、金利が上がると(新しく発行される債券の利率が上がるため)購入した債券の魅力が薄れ、債券の価格は下落します。
逆に、金利が下がると(発行時の金利は変わらないため)保有している債券の魅力が高まり、債券の価格は上昇します
株お
株お
じゃあ、金利が株価に与える影響は?

一般的に、長期金利が下落すると株価は上昇し、上昇すると株価は下落します

長期金利が下落した場合、多くの投資家は(金利での儲けが少ない)定期預金などに預けておくよりも株式投資をした方が有利だと考え、株価は上昇します。

逆に、長期金利が上昇した場合、多くの投資家は(リスクのある)株式投資をするよりも定期預金などに預けておく方が有利だと考え、株価は下落します。

株お
株お
金利が下落したときは、株の買いチャンスになるかもしれないんだね

国債とは?

株子センセイ
株子センセイ
それから、新聞やテレビなどでいわれる「長期金利」とは、代表的な指標である「10年物国債」のことをいっているんですよ

国債とは、資金調達のために国が発行する債券(「国庫債券」の略)のことです(国が破綻しない限りは元本割れのリスク(デフォルトリスク)はありません

株子センセイ
株子センセイ
国債はもっとも安全な債券といわれているんですよ(ただし、中途解約のペナルティが大きいので注意!)。
国債には、「利付国債」と「割引国債」の2種類があります(利払い方式による分類)

「利付国債」とは、半年毎に利子が支払われ、満期時に元金が償還される国債(発行時に満期が設定されており、通常は満期時に発行価格と同額の額面金額が支払われます)。

「割引国債」とは、利子の支払いがなく、償還期限までの利子相当分をあらかじめ額面金額から差し引いた価格で発行され、満期時に額面金額で償還される国債(満期時に受けとる額面金額は発行金額を上回り、その差額が利益になります)。

株お
株お
個人でも買える国債にはどんなものがあるの!?
株子センセイ
株子センセイ
個人が購入できる国債には「個人向け国債」と「新型窓口販売方式」の2種類があります

「個人向け国債」とは、個人の投資家のみが購入できる国債です(変動10、固定5、固定3の3種類があります)。
最低1万円から1万円単位で購入することができ、(発行後1年以上経てば)途中解約することもできます。

「新型窓口販売方式」とは、証券会社や銀行などの金融機関が国から入札したり、市場で手に入れた国債を、独自の値段で販売することです(2年固定利付国債、5年固定利付国債、10年固定利付国債の3種類があります)。
最低5万円から5万円単位で購入することができ、利払いは半年に2回。いつでも途中解約することができます(ただし、元本割れのリスクがあるため注意)。

株子センセイ
株子センセイ
国債は、証券会社や銀行などの金融機関で購入できます
ただし、いつでも購入できるわけではなく、(不定期で)募集している期間内にしか購入できないんですよ。
ですから、財務省の発行スケジュールを確認しておきましょうね

(※参考:財務省(国債発行スケジュール))

国債が購入できるネット証券には、SBI証券、楽天証券、マネックス証券などがあります(くわしくは各証券会社のホームページを確認してくださいね。また、手数料やキャンペーンなども要チェックです)。

株お
株お
国債のメリットは、(発行体が国だから)安全性が高いこと。定期預金よりも金利が高いこと。小額投資ができる(個人向け国債は最低1万円から1万円単位で購入できる)こと…などがあるんだね

まとめ

  • 金利とは、貸金や預金に対する利子・利息の割合のこと(金利は景気動向に影響を与えるため、株価にも大きく影響する)。
  • 一般的に、好景気のときは金利が上がり、株価も上がる。逆に、不景気のときは金利が下がり、株価も下がる。
  • 金利には「短期金利」(取引期間が1年以内の債券などの金利)と「長期金利」(取引期間が1年を超える債権などの金利)がある。
  • 長期金利は景気が悪くなれば低くなり、景気がよくなれば高くなるという傾向がある(一般的に、長期金利が下落すると株価は上昇し、上昇すると株価は下落する)。
  • 債券とは、国や企業など(=発行体)が投資家から資金を借り入れるために発行する有価証券のこと(あらかじめ利率や満期日などが決められて発行される)。
  • 債券を購入すると定期的に利率分の利子を受け取ることができ、満期には(発行体が破綻しない限り)額面金額が払い戻される。
  • 通常、金利が上がれば債券の価格は下がり、金利が下がると債券の価格は上がる。
  • 国債とは、資金調達のために国が発行する債券(「国庫債券」の略)のこと(国が破綻しない限りは元本割れのリスクはない。「利付国債」と「割引国債」の2種類がある)。
  • 個人が購入できる国債には「個人向け国債」と「新型窓口販売方式」の2種類があり、証券会社や銀行などの金融機関で購入できる。
株子センセイ
株子センセイ
金利と株価、密接に関係しているんですね。
また、国債が売られはじめると株価は上がり、国債が買われはじめると株価は下がる…という関係性もおさえておきましょうね。
それから、海外の金利(為替)ももちろん株価に影響しますよ!
では、ここまでお疲れさまでした♪