【株ラボ】8789 フィンテックグローバル ムーミンバレーパークに行ってきました(その2)♪

株ラボ

お世話になります。はいさび です。

前回、8789 フィンテックグローバルの運営する“メッツァ(メッツァビレッジとムーミンバレーパーク)”に行ってきた様子をご紹介させていただきました。

メッツァは、北欧のライフスタイルを体験できる無料エリアの“メッツァビレッジ”とムーミンの物語の世界をたのしめる有料エリアの“ムーミンバレーパーク”から成っています。

【株ラボ】8789 フィンテックグローバル ムーミンバレーパークに行ってきました(その1)♪
身近なところに上場企業のお店や商品って結構あるものですね。消費者としてだけでなく、投資家の目でもそのサービスについて見たり、実際に試したりするのも面白そう…。身近な株の銘柄についてたのしく研究!今回は「8789 フィンテックグローバル ムーミンバレーパークのご紹介」です。

今回はそのつづきです。

ムーミンバレーパーク♪

ムーミンバレーパークには4つのエリアがあります。

まず、パーク入口を入ったところのパンケーキレストランやショップがある「はじまりの入り江エリア」。

そして、ムーミン屋敷やエンマの劇場などがあるメインエリア「ムーミン谷エリア」。

展示施設やレストラン、ショップなどが入っている「コケムスエリア」。

さらに、パークを奥へ進んでいくと灯台やスナフキンのテントなどがある「おさびし山エリア」へと行くことができます。

前回は、ムーミン谷エリアのムーミン屋敷などについてさっくり紹介しましたので、今回はパークをさらに奥へ進んでいきたいと思います。


ムーミン屋敷の隣にはリトルミイのプレイスポットという参加型シアターのアトラクションがあります(約15分 700円(税込)(2019年12月現在))。
どんな内容なのか気になりましたが、今回は外観のみ見物しました↓

その隣には、海のオーケストラ号が!
こちらはシアタータイプのアトラクションとのこと(約15分 1,000円(税込)(2019年12月現在))。
ムーミンパパ思い出の航海を体感できるなんて面白そう…。
ですが、残念ながらこちらも外観のみ、です↓

その先に進むと「おさびし山エリア」に入ります。
まず目についたのが、飛行おにのジップラインアドベンチャー(滑走時間 約2分 1回1,500円(2019年12月現在))↓
何人もの人が宮沢湖の上をシューっと滑って(飛んで?)いくのを見ました^^

そこから少し進むと、白い灯台が見えてきました。
その手前にはムーミン谷の彗星の中に出てきたあのバスタブが展示されていましたよ。

パーク内にいくつか動く絵本のように映像と音声でその施設にまつわる物語を紹介している小さなワゴン?がありました(↓これは灯台横にあり、灯台のお話を流していました)。
原作を知らなくてもこれを見ればわかりますね。なかなかいいアイデアだなぁと思います。

…それから、パーク内には原作に出てくるいろいろなモノが時にはひっそりと展示されていて、発見する面白さもありました↓

さて、ムーミンバレーパークの一番奥へと向かいます。
目指すは、スナフキンのテント。
運がよければスナフキンに会えるかも!?ということで、たのしみに(ちょっと緊張しつつ(笑))行きました…が、お留守でした↓

ここまで結構な距離があったような気がしますが、たのしく歩いていたので気になりませんでした。

次は、まさに“おさびし山”というにふさわしい?急こう配をのぼり、ヘムレンさんの遊園地に向かいます!この上り坂、かなりキツイです(笑)。

…ゼェゼェいいながら到着しました↓

そこから少し進むとムーミン谷の彗星に登場する天文台がありました↓
天文台の右下にムーミンとスニフとスナフキンがいるのが芸が細かくていいですね。

夕方になり、あたりが薄暗くなりはじめてきた頃、そこで思いもよらぬイベント(影絵)に出くわしました。ほんの数分でしたが、ムーミンらしさを感じました。

…では、長くなってきましたので、つづきは次回にしますね^^
ここまで読んでくださって、ありがとうございました♪

【株ラボ】8789 フィンテックグローバル ムーミンバレーパークに行ってきました(その3)♪
身近なところに上場企業のお店や商品って結構あるものですね。消費者としてだけでなく、投資家の目でもそのサービスについて見たり、実際に試したりするのも面白そう…。身近な株の銘柄についてたのしく研究!今回は「8789 フィンテックグローバル ムーミンバレーパークのご紹介」です。