【株ラボ】9945 プレナス あたたかいごはんが嬉しい♪

株ラボ

お世話になります。はいさび です。

身近なところに上場企業のお店や商品って結構あるものですね。
消費者としてだけでなく、投資家の目でもそのサービスについて見たり、実際に試したりするのも面白そう…。身近な株の銘柄についてたのしく研究!

今回、研究するのは…
あたたかいごはんにこだわるお弁当屋さん「ほっともっと」や定食の「やよい軒」などを運営する「9945 プレナス」です。

9945 プレナス

企業概要

まず、「株式会社プレナス」の企業概要を見てみます。

概要 
社名株式会社プレナス
証券コード9945
上場2002年12月(東証1部)
代表取締役社長塩井辰男 氏
本社福岡県福岡市博多区
設立1976年11月(創業1960年3月)
資本金34億61百万円
従業員数1,320名(正社員)、6,237名(臨時従業員)
事業内容ほっともっと・フランチャイズ業
やよい軒・フランチャイズ業
食材・包装等資材の販売
事業年度毎年3月1日から翌年2月28日まで
定時株主総会毎年5月
基準日期末2月28日
中間8月31日
株主優待(2月末)※1年以上継続保有自社買物優待券
100株以上 2,500円分( 500円券×5枚 )
1,000株以上 5,000円分( 500円券×10枚 )

株価

つぎに、株価をチェック…。

2019.2.22現在 
株価1,810円
時価総額80,351百万円
発行済株式数44,392,680株
配当利回り(1株配当 60.0円)※配当は年2回(中間配当30円を含む)3.31%
優待利回り(100株)1.38%
総合利回り(配当+優待利回り)4.70%
PER
PBR1.11倍
年初来高値2,477円(2018.1.4)
年初来安値1,584円(2018.7.11)

Yahoo!ファイナンスで調べてみると(2019.2.22現在)、業績(売上・経常利益見通し)は会社予想で増収減益、経常利益 進捗状況は3Qで241.5%、PBR基準の理論株価は妥当水準…となっています(くわしくは企業のホームページでチェックです)。

どんな企業なの?

1960年3月 (有)太陽事務機を創業。1976年11月に(株)太陽事務機を長崎県佐世保市に設立するところからスタート。

その後、1980年4月 (株)ほっかほっか亭九州地域本部を設立。同年7月には「ほっかほっか亭」九州地域1号店を福岡市に開店。

1985年4月 (株)タイヨーに商号変更。1987年6月に(株)ほっかほっか亭九州地域本部を吸収合併。

1989年12月 「めしや丼」1号店を福岡市に開店。
翌年11月 福岡市博多区に本社を移転させ、翌月(株)プレナスに商号変更。

1999年4月 (株)ほっかほっか亭(東京都千代田区)を子会社化。
2002年7月にはほっかほっか亭チェーン1,000店舗達成。また、同年9月 めしや丼チェーン100店舗達成。

2002年12月 東証1部上場。

その後、2004年3月には(株)ほっかほっか亭を吸収合併し、ほっかほっか亭チェーン2,000店舗達成する。

2006年7月 めしや丼の屋号を「やよい軒」に変更。
2008年5月 持ち帰り弁当の新ブランド「Hotto Motto(ほっともっと)」を創設。

2010年~中国やシンガポール、オーストラリアや米国につぎつぎと海外進出していく。
2016年3月 東京オフィスを改称し、東京本社を設置。二本社制となる。

その間、やよい軒チェーンは2012年に200店舗、2016年には300店舗達成する。

こだわり・強みは?

「プレナス(PLENUS)」とは、ラテン語で「充分な・充たされた・満足な・豊富な・全部揃った・完全な・よく響く」といった意味のことばで、「豊かな暮らし、満足のゆく暮らしを提案・提供していく」という決意が込められているそうです。

「はじめに消費者ありき」という理念のもと、「食」に関わる事業を通じて、お客様に喜んでいただくこと、お客様に満足していただくこと、お客様が健康であることを最も大切な目標と認識し、お客様の視点で考え、行動することを目指している…とのこと。

プレナスが展開する代表的なブランド「ほっともっと」は、つくりたてのあたたかいお弁当をお届けする持ち帰り専門のお弁当チェーン店。日本全国に約2700店舗を展開しています(2019年2月現在)。

また、もうひとつのブランドである定食チェーン店の「やよい軒」は、日本国内外に約560店舗を展開しています(2019年2月現在)。

総店舗数は約3,000店舗、総売上高1,500億円、年間3億食!

…プレナスのお店、こんなにたくさんあるんですね( ゚0゚)

また、この他にも、しゃぶしゃぶと本格飲茶の「MKレストラン」や海外にもプレナスのお店があります。

プレナスには、安心・安全で良質な食材・商材を調達し提供するしくみがあり、衛生管理・品質管理の徹底、物流システムなども整っています。
また、商品開発や新サービスの導入、人材育成にも力をいれているそうです。

そして、プレナスのこだわりは「日本生まれのお米」。
国内に2ヶ所ある自社グループの精米センターで玄米の精米をおこなっており、なんと、年間に約4万トンもの国産米を使用しているんだとか。

しかも、店内でお米を炊き、野菜の皮をむき、炒めたり揚げたり…すべて調理しているということに驚き!消費者として嬉しいかぎりです^^

また、フランチャイズ制度のシステムも構築されているようです。

実際に行ってきました♪

やよい軒 お店の外観

平日のお昼どき、やよい軒で昼食にします♪じつは、初・やよい軒です。たのしみ!

注文は入口付近にある券売機で。
次々とお客様が来店されるので、どれにしようか迷っている時間はありませんでした(*_*;
あらかじめ公式ホームページでメニューをチェックしてきてよかったぁ(汗)。

チキン南蛮定食

メニューは豊富…おいしそうな定食たち。
その中から、わたしは↑チキン南蛮定食740円(税込)を注文。
連れの飛龍氏は↓味噌かつ煮定食760円(税込)。

味噌かつ煮定食

ごはんは白米か十六穀米のどちらかを選べます。
雑穀も大好きなのですが、今回は白米にしました!
なぜなら、白米を注文した場合は、ごはんおかわり自由だから(*^^*)
お米大好きなので嬉しいサービスです♪

ごはんもおかずもできたてのホカホカで、しっかりめのお味…うまっ!
もちろん、おかわりしましたよ(笑)。
お味噌汁もアツアツ。この温度はポイントが高いです。さすが、定食屋さん。

さらに、セルフサービスのお冷のコップが“グラス”、あたたかい緑茶のコップが“湯飲み”だったのには感心しました。ちょっとした高級感^^

店内は平日のお昼時ということもあり、サラリーマンの1人客の方や年配のご夫婦など…お客様は多かったと思いますが、わりと静かな印象で食事できました。

かなり満足!やよい軒、また行きます!

…そして、プレナスといえば「ほっともっと」のお弁当ですよね!?
お弁当はスーパーやコンビニでも手軽に購入できますが、店内調理の出来たてを提供してくれる「ほっともっと」はやっぱりおいしい!長年のリピーターです。

定番!のり弁当
特から揚げ(おかずのみ。6個入り)

種類が豊富でどれもおいしいのですが、今回は看板メニュー・のり弁当300円(税込)と“おかずのみ”の特から揚げ390円(税込)をチョイス!

14時~18時は「ハッピーアワー」で、対象のおかずが全品30円引きになるんですね!

注文してから店内で待機。
店内は清潔感があり、明るい印象です。
お昼時は混むので少し時間をずらして行きましたが、お客様は頻繁に訪れている様子。

待つこと5分ほどでアツアツのお弁当の出来上がり♪
のり弁のおかか、甘辛で美味!から揚げ、ジューシー!
…落ち着くおいしさに毎度ながら満足です。

つぎは、カルビ焼肉弁当にしようかな(笑)。

まとめ

消費者として何気なく利用しているお店。
そのお店のこだわりや企業努力を知ると、ますます応援したくなりますね。
気づかないこと、知らないこともたくさんあるものです。
ちょっと意識して、そのお店のことを知ろうとするだけでいろいろな発見があります。

株式投資って難しいもの…というだけでなく、じつは身近にも勉強になることがいっぱいあるんですね。しかも、たのしい!
ここまで読んでくださって、ありがとうございました♪